有痛性外脛骨障害について

有痛性外脛骨障害と言われても我々には聞きなれず、一体どういった症状なの若らない人も多いでしょう。有痛性外脛骨障害とは足部内側にある骨性の隆起し、自発性の痛みが生じる病気なのです。高齢者に多いのではなく、10代や15歳までの若者に多く見られる疾患です。

有痛性外脛骨障害の原因について

スポーツやエクササイズなどをしていて発症するといわれます。成人では捻挫や外相をきっかけに痛みが急性に悪化するなどと言ったことも見られます。

有痛性外脛骨障害の症状について

急激な運動の負荷や外傷で後脛骨筋腱が外脛骨への牽引し、そこに痛みが生じます。ケアしても運動をやめない限り症状を何度も繰り返してしまうといった特徴があります。若い人に発症が多く、17歳の骨の成長が停止するころに自然治癒してしまうことも多く、リハビリをはじめとする温存療法を施します。

どうしても痛みが強く、何度も繰り返すようで有あれば、ステロイドの注射で症状を緩和させるなどの方法もあるのです。外脛骨への刺激を軽減させるため足底板を使用することも有効とされています。症状が悪い場合には経皮的骨孔術に代表される手術を行わなければなりません。

有痛性外脛骨障害でお悩みの方は当院にお任せください

多くの場合は、若者がスポーツを控える、部活の頻度を少しにするといった工夫で症状が緩和してり、自然治癒したりするものです。

足の痛みについてお気軽に沖台通整骨院にご相談ください。

 

当院について

治療コンセプト

治療に理論を

人体が左右非対称であることをご存じでしょうか?呼吸が人間にとって最も大切な行為であるように、不調の原因を知ることはとても大切なことです。

治療理念

私たちは人間の身体に段階的なアプローチが必要であると考え、機能的動作(基礎筋力など)を前提条件とし、要求される動作パターンの強化などを行い、患者様の治療に理論を持って臨ませていただきます。

 

沖台通整骨院のお問い合わせはこちら!

北九州市戸畑区 沖台通整骨院

〒804-0064
福岡県北九州市戸畑区沖台2-11-13

ご注意
電話予約

WEB予約
診療時間
午前 8:30 – 12:30
午後 14:30 – 20:30

※土曜日午後(▲)は14:00 – 17:00の診療となります。

※祝日は17時まで診療

診療時間

午前  8:30 – 12:30
午後 14:30 – 20:30

休診日

日曜日

※土曜日午後は14:00 – 17:00の診療となります。

※祝日は17時まで診療

Google Map

Google Map

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧
沖台通整骨院
ご予約・お問い合わせ
  • 初回予約
  • 再診予約